福袋を買い占めた人物と店は裏でつながっている?

写真と本文の間には関係はありません。

写真と本文の間には関係はありません。

2016年1月にスターバックス二子玉川ライズドッグウッドプラザ店で起きた福袋買い占め事件。

朝5時から沢山の人が行列を作ったのだが、7時の販売開始と同時に最前列に座っていた人物らが108個買い占め。

その後即完売終了のアナウンス。

これを、ヤフオクなどで転売する目的で、買い占めていました。

スターバックスの福袋は、毎年人気のある商品で、冒頭にも記載したように早朝から行列ができるほど。

そんな本当のスタバファンががっかりするような酷い行いをする人物に非難殺到。

インスタグラムなどで福袋を購入した人物が買った時の様子をアップしていたので、どこの誰かまで特定できたようですが、多くのSNSでこの人物に対する批判的なコメントが見られました。

「モラルの欠如だ」

「店側が一人一個と規制するだけで済んだ」

「人をバカにしている」

「並んでいたのではなく、椅子を置いて自分は横付けした車の中で待機していたらしい」

「福袋の中身を公開すれば、転売もされないんじゃないの?」

「ヤフオクで大量スタバの転売を見つけたら絶対買うな」

などなど・・・

せっかくの楽しい福袋イベントが台無しになるような行為はやめてほしいものです。

結局その人達の転売は失敗したらくし、大赤字だったそうですね。ichimannenn-takusan

福袋は一人一個、もしくは数量制限。

同じスタバでも二子玉川店では、数量無制限に対して、他店舗では2,3個までという数量制限をかけていたというから、それだけで事は大きくならなかったのかもしれません。

福袋が日本の正月の風物詩として認知されている今、似たような問題があるわけで、ちょっと考えれば防げたであろうこの事件。

もしかすると、店側とその買い占め人物の向こう側にいるグループとの間に何らかしらの取引関係があったのでは無いかと勘ぐってしまいます。

【ファッションウォーカーの福袋】


【au brand gardenの福袋】

カテゴリー

最近のコメント